xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> メガネが売りの風俗バイト嬢|働き心地が最高の風俗バイト
メインイメージ画像

メガネが売りの風俗バイト嬢

うまい風俗バイトのコは、わざわざ名前まで聞いてきて、次に行った時にあー、嬉しい。○○さん、また来てくれたんだ。なんて言ってくるわけだ。オレは必ずやまた行く(笑)自分が特別扱いされたと思うと単純に喜ぶ代わりに、自分がありふれた客の一人だとわかると冷めてしまう。

「また来てくれたんだ」と言いながら、どうやら顔以外、何も彼女は覚えていないらしきことがわかると、幸せの絶頂から奈落の底に落とされる。自分を覚えていてくれるかどこまで覚えているかで客の気分は180度違ってくるものだ。「顔くらいはアタシも覚えているけど、名前までよく覚えられるよね」松「覚えちゃいないよ。でも、この辺のことをよくわかっているフロントは、女のコに予約者の名前を教えるんだよ。

今日は四時から松沢さんの予約が入っているよ。ほらほら、先日の今頃来た人で、白髮が立っていてさああ、キンタマにまで毛がチラホラあるくらいに老けているわりには金を持ってなくて、チンコの立ちが悪いくせにオマンコなめるのが好きな人ねって」「自分でバラすなよ(笑)松「来た客のメモをつけているのもよくいるね」これは水商売でもよくやっている。カウンターの下にメモ帳を置いていて、デブだのヤセだのメガネだの服の趣味だのといった客の外見的な特徴や、何を注文したか、タバコを吸うか否かから、会話の内容や癖までを書き込む。それをやっておくと、次にその客が来た時に、「お久しぶり」と言いながら急いでメモを見直して、「この間言っていた彼女とはその後どうなったの?」なんて話が出来る。

Sitemap